サイト説明絶景!感動!一度は行きたい秘境旅行

一度は旅行に行きたい海外の秘境、マチュピチュ

おすすめのリンク

STW
ホットホリデー

奇跡の天空都市<マチュピチュ>

奇跡の天空都市<マチュピチュ>

空中都市

空中都市マチュピチュ。マチュピチュ遺跡ほど秘境の名にふさわしい遺跡はないでしょう。15世紀に築かれた後、1911年にハイラム・ビンガムによって発見されるまでアンデスの山々に隠されていた、インカ文明の「失われた都市」です。隙間なく積まれた石組みや、見事な町並み、棚田などが残っています。

今でも秘境と呼ばれる理由

ビンガム卿がマチュピチュ遺跡を世界に知らしめてから100年が経ちました。今やマチュピチュはペルーで最も有名な世界遺産であり、毎日、多くの人が訪れています。しかしそれでもマチュピチュ遺跡は、現在も秘境と呼ばれています。
その理由の一つはアクセスの不便さにあるでしょう。ペルーという土地は日本からも欧米からも離れている上、険しいアンデス山脈に阻まれています。標高2280mと高地にあるため、まずはクスコという都市か周囲の町に滞在し、体を高山に慣らしておく必要があります。その後、列車やバスでマチュピチュ近くの村へ向かい、さらに山をのぼってようやく遺跡に到着するといった具合です。都市部から日帰りで観光に行くことは難しいですし、マチュピチュ付近の山道は狭く、険しく、川の増水によってしばしば不通になります。マチュピチュを一望できるワイナピチュ山へはもちろん足で登らなければなりません。交通手段が発達した現代でもなお、インカ都市は堅固な自然に守られていることを肌で感じることができるのです。インカ帝国はなぜこんな不便なところに都市を築いたのだろうかと想いを馳せるとき、それを最も的確に表しているのが「秘境」という言葉なのです。

自分の目で見てこそ

とはいえ、今ではどんなに遠い場所も、どんなにアクセスの悪い遺跡も、テレビで存分に見ることができます。ただ見るだけなら、安全な自分の部屋でモニター画面を見つめていればいいのです。
しかし、秘境は、自分の足で歩けば自分のものとなります。はるばると海を越え国境を越え、遠い道のりを越えてたどり着いた遺跡の門。山に隠されたマチュピチュ遺跡は入り口をくぐってもまだその姿を現しません。坂道と階段を登りきった次の瞬間、視界が大きく開いて、あなたの眼下にインカ文明の都市が現れるのです。計画的につくられた街路や家々、今でも水の流れる水路、カミソリ一枚入る隙のない完璧な石組み、山々を覆っていた灰色の雲のヴェールがはがれ、黄金の太陽がその威容を照らしだすのです。
目で見えるものだけでなく、森から吹く風、石壁の上で啼く鳥、草の匂いなど、そこで感じるすべてが、モニターからは得られない、実際に訪れた人だけが見ることのできるマチュピチュ遺跡です。その道のりは容易ではありませんが、遠ければ遠いほど、アクセスが悪ければ悪いほど、たどり着いたときの大きいものです。秘境中の秘境・マチュピチュ遺跡を自分の目で見たときの感動は、一生忘れられないものになるでしょう。秘境は、自分の目で見るためにあるのです。

おすすめ秘境地